【サンムーン】ヒメリのみリサイクル戦法で確実に4V以上のメタモンを捕まえる方法


スポンサーリンク

理想ヤトウモリ♀が出ません。理想オスはいっぱい出るんですけどね。

そんなことは置いといて…

前回紹介したビビりだま連鎖で4V以上確定のメタモンを捕まえるための詳しい説明よりも、更に簡単に安定して高個体値メタモンを捕まえる方法を発見した方がいました。

このツイートの内容を実際に行って4Vメタモンを捕まえましたので、Twitter(140文字)では表せられない部分まで詳しく説明したいと思います。

4Vメタモン捕獲に必要なポケモン

今回の方法は、ビビりだま連鎖で4V以上確定のメタモンを捕まえるための詳しい説明に比べて、少し準備に手間がかかります。

でも、今回紹介する方法の方が安定してビビりだま連鎖が出来るので是非お試し下さい。

ニューラ(みねうち要員)

前回の方法でも登場したニューラは、今回も使用します。

必須技は、「みねうち」と「かわらわり」で他は自由枠です。「どろぼう」があると最後にヒメリのみを回収出来るのでオススメです。

ちなみに、凍える風は使い所がないのでオススメしません(笑)

ヤブクロン

ヤブクロンの技構成は「リサイクル」のみにして下さい。

また、特性は「あくしゅう」にしておくことで、ニューラが最後に泥棒でヒメリのみを回収出来ます。

というか、粘着ヤブクロンに変身されると、「すりかえ」が使えませんのでご注意を!

ヤブクロンのもう1つの特性「ねんちゃく」は、持ち物を相手に奪われないというものです。

ヤブクロンは「ウラウラ島」の「マリエシティはずれの岬」に出現します。マリエシティから、北西に向かった場所です。

ちなみにここには、話しかけると新しい「バトルスタイル」を教えてくれるおじさんがいますので、まだ試していない方は是非。

ダダリン(もしくはスリーパー、ペルシアン)

ツイートではペルシアンを使用すると書かれていましたが、アローラニャースからペルシアンへ進化するにはなつき度を充分に上げる必要があります。

そのため、ダダリンの方が少しは準備が楽かなと思います。

ダダリンには必ず「ヒメリのみ」を持たせて、「すりかえ」を覚えさせておいて下さい。

ダダリンは「海の民の村」で釣りをすると、出現することがあります。

海の民の村の釣りポイントへ行くには、まず右側にある船のような家(?)の中に入ります。

家の中に外に出るポイントがありますので、そこから外に出ると釣りポイントがあります。

ロトムマップで見ると、この位置になります。

ダダリンはレア出現ですので、根気強く釣りましょう。

ダダリンがなかなか釣れない場合

ダダリンがなかなか釣れずに困っている方へ朗報!スリーパーで代用可能です。

スリーパーは野生で出現しますし、野生のスリープからでもLv26で進化しますので、簡単に準備が出来ます。

金太郎さん情報提供ありがとうございました!

スポンサーリンク

4Vメタモン捕獲の準備

ビビりだま

「ビビりだま連鎖」というくらいなので、これがないと始まりません。

4番道路などで拾える他、ホノオZを入手した後はフレンドリィショップで1個300円で販売されています。

ヒメリのみを拾える場所

ダダリンに持たせる「ヒメリのみ」は、以下の場所のきのみから拾えることがあります。

  • 2番道路
  • 3番道路
  • ウラウラ海岸
  • 17番道路
ヒメリのみは貴重なPP回復アイテムなので、見つけたらまずポケリゾートで増やすことをオススメします。

ビビりだま連鎖はほぼ必ず途中でPPがなくなるので、回復用にたくさんあると便利です。

技思い出しと技忘れ

ヤブクロンとダダリンは、それぞれ技を思い出させたり、忘れさせたりする必要があります。

技思い出しは、「ウラウラ島」の「カプの村」のポケモンセンターにいるマダムから行うことが出来ます。

ご指摘を頂きましたので記述変更致します。

技思い出しは、「ウラウラ島」の「ポケモンリーグ」のポケモンセンターにいるマダムから行うことが出来ます。

上画面左上には「カプの村」と表記されています。

1つの技を思い出させるために、「ハートのウロコ」が1つ必要です。

ハートのウロコは、各飲食店で食事をすると貰えます(基本的に、1000円ごとに1枚)。また、野生のラブカスが持っていますので、捕まえるか、「どろぼう」で盗みましょう。

技思い出しでは、ヤブクロンに「リサイクル」を、ダダリン(スリーパー)に「すりかえ」を思い出させましょう。

技忘れは、「メレメレ島」の「ハウオリシティショッピングエリア」のポケモンセンターにいるおじいさんから行うことが出来ます。

こちらは特に必要なアイテムもないので、それぞれ「リサイクル」と「すりかえ」以外の技を全て忘れさせましょう。

ダダリン(スリーパー)にヒメリのみを持たせて、がくしゅうそうちをオフに

準備したヒメリのみをダダリンに持たせて、ヤブクロンを先頭にして、がくしゅうそうちをオフにします

メタモンを倒している内に、がくしゅうそうちでヤブクロンがレベルアップして他の技を覚えてしまうと、万が一操作ミスをして、再度立て直す時に面倒になるからです。

4Vメタモンを捕まえよう

1.ウラウラ島のホラクニ岳へ

メタモンの出現ポイントである「ウラウラ島」の「ホラクニ岳」に向かいます。

バス停の横のこの草むらが私のお気に入りポイントです(前回も言った)。

2.メタモンと遭遇する

メタモンとエンカウントするまでは、余計なPP消費やレベルアップを避けるため、逃げるを繰り返しましょう。

悪臭ヤブクロンが先頭のため、少しエンカウント率が下がっていますが、そこまで問題はありません。

特性:あくしゅう
相手に技のダメージを与えると、10%の確率でひるませる。また、野生のポケモンと出会いにくくなる。

3.1ターン目はメタモンに変身させる

初手はヤブクロンは意味のないリサイクルをして、とりあえず相手のメタモンをヤブクロンに変身させます。

メタモンがヤブクロンに変身したら、2ターン目でヤブクロンをダダリン(スリーパー)と交代します。

4.すりかえでヒメリのみを渡す

ダダリン(スリーパー)に交代したら、「すりかえ」でお互いの道具を入れ替えます。これによって、ヒメリのみはメタモンが持つことになります。

ヒメリのみを持っているポケモンは、技のPPがなくなりそうになると木の実を食べてPPを回復します。

5.ニューラに交代してみねうち&ビビりだま

道具を入れ替えたら、ダダリン(スリーパー)からニューラに交代します。ここまでで仲間呼びを使われている場合は、呼ばれた方のメタモンを先に倒してしまいましょう。

ヤブクロンに変身したメタモンを、みねうちでHP1まで減らしてから、ビビりだまを使用します。

ビビりだま
使用すると、野生のポケモンが助けを呼びやすくなります。

6.仲間呼びで出てきたメタモンをひたすら倒す

仲間呼びをされて助けが現れた場合、新しく出てきた方のメタモンを「かわらわり」で倒します

ヤブクロンに変身しているメタモンには、希望連鎖になるまでひたすら助けを呼んでもらいましょう。

ヤブクロンメタモンは、「すりかえ」で持たされたヒメリのみで、自動的にリサイクルのPPを回復します。

リサイクルしか覚えていないため、ヒメリのみを使用しても、次のターンですぐにヒメリのみが復活します。

このため、メタモンのPPがなくなって悪あがき自滅をされる心配がなくなりました。

助けを呼ぶのに失敗したり、そもそも助けを呼ばれなかった場合などは、キズぐすりを使用するなど意味のないアイテムを使ってターンを流します。

瓦割りのPPがなくなりそうな場合は、ヒメリのみなどで回復しましょう。

補足:かわりものメタモンも判別可能

今回の方法を使うと、ビビりだま連鎖で4V以上確定のメタモンを捕まえるための詳しい説明では、身代わりを出していたため判別が出来なかった「かわりもの(夢特性)メタモン」の判別が可能です。

7.31連鎖以上してから捕獲する

仲間呼びによる連鎖は、最初に呼ばれたメタモンから数えて1連鎖目が始まります。

そのため、仲間呼びで呼ばれて倒したメタモンの数を数えていれば連鎖数がわかります。

仲間呼び連鎖による個体値は、11匹(連鎖)で1V確定、16匹で2V確定、21匹で3V確定、31匹で4V確定です。

4Vのかわりものメタモンがほしい場合は、31匹以上倒してから、かわりものが発動したメタモンを捕獲しましょう。

希望する連鎖数までメタモンを倒したら、ヤブクロンに変身しているメタモンを倒します。

ヒメリのみを持っている状態のメタモンに「どろぼう」をすれば、ヒメリのみを回収することも出来ます。

捕まえるのは、連鎖によって個体値が高くなっている方のメタモンです。

3.4Vメタモンゲットだぜ!

今回私は31連鎖ですぐに捕獲したので夢特性ではありませんでしたが、ジャッジにかけるとちゃんと4Vのメタモンでした。

個体値ジャッジの解放方法はコチラの記事をご覧下さい。

【サンムーン】個体値ジャッジの解放条件は?「すごくいい」「かなりいい」はどれくらいの能力?

2016.11.19

終わりに

みんないろんな方法を思いつくものですね。こういう方法を思いつく人は天才だと思っています。

4V確定メタモンが簡単に手に入るので、厳選がグッと楽になりますね。

メタモンを手に入れたら、孵化厳選。理想個体が産まれたら仲間呼びで効率良く努力値振りを行いましょう!

【サンムーン】仲間呼び連鎖で効率良く努力値を振る方法【育成環境】

2016.11.20

最後まで読んで頂きありがとうございました。おしまい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です